レイクの審査申し込みはこちらnetcom

有難い事に結婚できたんですが、その時の結婚資金が無かったので式は諦めていました。ですがそれが
親の耳に入り、相手にも悪いから式をしなさい、とお金を渡されました。これはくれるのだろうか?とも
思いましたが、じゃあ有り難く借りる、とちゃんと言いました。自分も向こうも結婚式はしなくても
いいかと言う感じでしたが、貸してくれるのではやらない訳にもいきません。

お金を借りると言う行為は好きではありませんが、契約、何てこともしなかったし、流石に利子なんか
取らないだろうと思って借りました。ちょこちょこ親からはお金の事でうるさく言われていたので、
最初はそこまでしてやりたくないと言い張りましたが、親にせがまれると弱い所はあります。親孝行して
なんて言われるともう反論も出来ません。ズルいと思いつつも要望に応えました。

返済は現在も続いています。そんなに急いで返さなくても、と言われますが、借りを作っているようで
気分の良いモノではありませんので、毎月の収入からコンスタントに返しています。大きな金額だった
ので、そうしていないとまぁいいや、となってしまいそうで怖いです。

結果的には良い式に出来たので、やって良かったとは思っています。お金借りて式なんて贅沢の極みの
ように感じますが、周りに祝福されるのも悪くは無いですね。お金の問題は解決しておかないと、精神的に
来るので、次からは断る事も覚えようと思います。大きな顔値を借りていると言う状態は初めてでしたが、
あまり好ましくありません。よっぽどの理由が無ければ借りたりはもうしないと思います。

恋愛そっちのけではまってしまう

最近気づいたことがあるのですが、私は何かにはまっていると、恋愛はそっちのけになるというか、誰も好きにならないみたいです。
誰かを好きになる暇がないというか、そんなことをしているくらいだったら好きなことに一直線というかんじなのかもしれません。
他のことが目に入らないみたいです。
しかも、私は誰かを好きになっても、その想いが長続きしません。
いつの間にか冷めてしまうのです。
それはもう、自分でもあきれてしまうくらいにあっという間なのです。
そういうこともあり、私は自分から告白したことがありません。
どうせ冷めるだろうから、言っても無駄だろうと思ってしまうのです。
ですが、好きな人に告白しておけば良かったと思ったことは一度もありません。
やはり、相変わらず冷めてしまうのです。
ですが、好きなものは何年経っても冷める気配がありません。
好きな芸能人がいても、そういう意味での好きは長続きするのです。
芸能人に恋しているのでは?と思われるかもしれませんが、そういうことは全くありません。
熱愛報道が出ても「へ~」と思うだけです。
たまに芸能人に恋をしていて、その芸能人が好きな人お断りみたいな方もいらっしゃいますが、私は全くそんなことはありません。
むしろ、お友達になってたくさんその人について話したいくらいです。
「オタク気質なんじゃない?」とはよく言われます。
そうなのかもしれません。
しかし、何かにはまっているというのは、本当に楽しいものです。

節約生活に励んでいます

私は最近、節約生活に励んでいます。テレビをできるだけつけないようにしたり、水の出しっ放しを控えたり、外食を控えたりなど、節約の基本的なことがほとんどですが、それなりに生活費をきちんと節約することができています。
以前は週に1、2回は外食をしていたのですが、その回数を月に1回に減らすように心がけてからは、かなり食費を節約できるようになりました。
毎日自炊をするのは少し面倒だと感じることもありますが、慣れてくると自分で食事を作るのも結構楽しいものですね。
今夜のご飯は何を作ろうかな?と考えることがすごく楽しくて、最近は手の込んだ料理もたくさん作るようになってきました。
ただ、食材をたくさん使う料理だと節約の意味がなくなってしまうので、安い材料で作れる料理をメインにレシピ探しを行っています。
少ない食材で栄養バランスを考えるのは難しいので、栄養不足が気になるときは青汁やグリーンスムージーを作ってきちんと栄養を補うようにしています。

月1回の外食もやめてしまおうかなと思ったのですが、やっぱりたまには外で美味しい料理を食べたいので、月1回くらいならまぁいいかと思い、外食は続けています。
美味しいご飯を食べているときってすごく幸せな気持ちになれますし、ストレスの解消にも役立つので、どうしてもやめることはできそうにないですね。
節約によって余ったお金はすべて貯金に回しています。貯金が少しずつ増えているのを確認するたびに、節約してよかった!と思えています。

今回のワールドカップ、アジア勢は予選で全滅

今回のワールドカップ、アジアからは日本、韓国、オーストラリア、イランが出場、しかし結果は勝ち星を一つも得ることがないままワールドカップを後にする事となりました。

各国について自分なりに総評させてもらうと、オーストラリア、確かに欧米系の選手が多数いて、ヨーロッパの主要リーグを経験した選手も多くいるアジアでは最強と言っても過言ではないチームです。ちなみにかつてオセアニア地区に所属していたものの、オセアニアでは圧倒的な力を誇りながらワールドカップには出場出来なかった事から前回大会の予選よりアジア大会からノミネートしています。今大会の注目はかつてエバートンで活躍したケイヒル選手、そのケイヒルこそチームの中で気を吐いたものの、年々チーム力が低下しているのは明らかで今回の敗退へと繋がりました。

イランはケイロス監督を迎えての挑戦となりましたがやはり世界との壁が大きかったのか、アルゼンチンには善戦したものの残念な結果となってしまいました。

韓国は日本同様にヨーロッパで活躍している選手が多くいて、世界とも互角に渡り合える実力もあることから大きな期待を背負っての大会でしたが、やはり結果がついてきませんでした。帰国後、ホンミョンボ監督率いる代表チームを待っていたのは罵声の嵐でした。

そして日本、ザッケローニ監督の元、こちらも大きな期待を背負っての大会でしたが、本番ではちぐはぐな戦術や不可解な選手起用があり予選敗退、ザッケローニを待っていたのは評論家達による容赦ないバッシングの嵐でした。

母の日

もうすぐ母の日ですね。
母の日は何をプレゼントしようか考え中です。

この時期になると、実家に何回も帰って、今何が必要かリサーチしてしまう癖がついています(笑)
あまりケーキやカーネーションは欲しがらないので、あげるのならば喜んでもらえるものが良いと思って、いつも物になってしまいます。
昨年はかばんをプレゼントしました。
今年は多分、フライパンをあげると思います。旅行とかの方が喜ぶお母さんもいるのでしょうが、我が家の母は、仕事をしているので、中々旅行に行くような休みを取ることができません。
もう働いていないお母さんとかでしたら、旅行の方が良い刺激になって、良いのかもしれませんが、それだったら、マッサージ器とかが欲しいというのは働く母の考えのようです。

まぁ、私としては、喜んでくれればどんなものでも問題ありませんので、気にはなりませんが、母が働くなったら子供と私と母で何処かに一週間位いきたいなぁとは考えています。